メチルテストステロンとは

メチルテストステロンとは

Methyltestosterone

メチルテストステロンは合成ホルモン強化剤であり男性の不妊症や男性更年期障害、男子性線機能不全に効果、女性においては乳がんの予防などにも推奨されている。

effecticontrue アイコン・メチルテストステロン副作用 副作用なしで精力増強するには メチルテストステロンの女性向けの効果について

メチルテストテロンは体内で生産することのできない人工的に作られた男性ホルモンであり医薬品の為、効果が強く肝機能への負担もあることから病院での処方が必要です。

いくつかの商品であれば、ドラッグストアやインターネット等で購入する事が可能。服用する場合、メチルテストステロンには激しい副作用の可能性がある為、充分に注意が必要です。

このコンテンツでぜひ参考にしてみてください。

メチルテストステロンの効果

  • ED改善
  • 不妊治療
  • 育毛効果
  • 筋肉増強
  • フェロモン分泌

メチルテストステロンはホルモン剤の一種で、男性ホルモンを補給するために使われます。
基本的には医薬品として処方されるもので、精力アップや筋肉増大などの効果があります。

精力目的で摂取する場合は、主にED改善などに使われています。

ED改善

ed

EDと男性ホルモンの分泌は密接な関係で、男性ホルモン量が低下すると勃起力も低下すると言われています。
そこでメチルテストステロンを処方することで男性ホルモンが増え、自然と勃起力も改善していくという訳です。

男性ホルモン量が少ないと気持ちがネガティブになりやすく、うつ病から心因性EDになる方も少なくありません。その治療、改善にもメチルテストステロンは必要になります。

不妊治療

male

現代ではカップル10組に1組は不妊症と言われています。不妊治療と言えば女性のケアが思い浮かびがちですが、不妊症の原因の半分は男性にあるとされています。男性の精子量が少ないのも不妊の原因になるからです。

精子をつくるために必要な男性ホルモンは加齢や運動不足、不規則な生活などで分泌量が減ってしまうため、男性もバランスのいい食事や運動を心がけた方が妊娠する確率は高まります。

実際現代の不妊症治療には、症状によってメチルテストテロンを利用した治療法が用いられることが多い模様です。

育毛・増毛効果


育毛・増毛効果にも筋肉増強と同様に男性ホルモンが分泌される事で効果が見込めます。成長期に陰毛がはえたり、脚や脇などあらゆる所に毛が生えるように男性ホルモンを直接摂取する為です。

ここで一つ懸念となるのが男性ホルモンが多いとハゲるとよく言われますが、これは男性ホルモンがDHTという物質に変わってしまうことが原因です。
体内で男性ホルモンと5αリダクターゼという物質が結合すると薄毛を招くので、ノコギリヤシなどの成分で5αリダクターゼを抑制するのも体のメンテナンスになります。

男性ホルモン自体は健康や精力のために必須なので、「薄毛を招くから危険」と遠ざけてしまうのはむしろ悪手です。

フェロモン分泌

img_2_m

男性ホルモンは女性が唯一本能的に反応してしまう成分。
オットセイの世界ではオスの体から多量の男性ホルモンが放出されている為、1匹で30匹のメスのハーレムを形成すると言われています。

人間の女性も、男性ホルモン値が高い男性にフェロモンを感じて惹かれることがあります。

メチルテストテロンの男性ホルモン効果でこの部分に関してもぜひとも便乗したいものですが、効果が強いぶん副作用にも気を付けないといけません。

メチルテストステロンの副作用

Side-Effects

メチルテストテロンは医薬品ですが、ドラッグストアやインターネットで手軽に手に入れる事が可能です。

短期的には利用するなら、あまり問題のないように思えますが、メチルテストテロンは利用方法を長期間間違い続けると依存性が生じたり、本来私たちの体に備わっている男性ホルモンのバランスを崩す場合もあり、最終的には分泌する機能自体を損なわせてしまう恐れがあります

強力な効果を発揮するため、上記の様な副作用が懸念されますが、実際には医師の処方が必要になるうえに用量用法を守れば特に問題がないと思われます。

万が一個人輸入などで利用予定がある場合は、必ず使用前に一度目を通しておくようにして下さい。

精液減少

sperm

メチルテストステロンには持続性勃起陰茎肥大効果があるが
長期使用を続けることで睾丸が萎縮して精液や精子が減少してしまう。
使い始めは不妊症効果が期待出来ますが長期に渡ると全く逆効果となってしまうのです。

男性ホルモンの供給可能量というのは限られている為、それ以上の供給をしてしまうと男性機能が低下すると言われ、長期的な摂取が推奨されていない。

メチルテストステロンによる精神異常

2face

メチルテストステロンの使用の副作用として精神症状を引き起こしてしまう可能性がある。
激しい感情の起伏などが考えられ、 まさに理性を失い野生のライオンのような凶暴な人間と化してしまうのです。

メチルテストテロンの効果の記載でうつ病に効果があると記載しました。確かに効果はあることは間違いない模様ですが、用量や飲み方をしっかりと把握する必要がある模様です。事前に医師に必ず聞いて飲むようにしましょう。

メチルテストステロンによるその他の副作用

vandamme

メチルテストテロンはその他にも嘔吐、激しい頭痛、食欲不振などが表れます。
また肝臓機能に異常をきたして黄疸が見られる場合もある模様です。

強力で魅力的な薬には激しい副作用はつきもののようです。
当サイトではメチルテストステロンに関する医薬品の購入は止めはしませんが、利用す場合はなるべく医師に相談してからの方がお勧めです。

副作用なしで男性ホルモンを増やすには

weight-training

メチルテストテロンは短期的には精力増強、勃起持続力、増毛、フェロモン効果など魅力的な効果がたくさん存在するが、長期的に摂取し続けると全てが逆効果となってしまい精子量減少、精力減退、精神異常、薄毛、肌荒れなどを引き起こしてしまいまう。

これは必要以上に男性ホルモンを直接摂取するから起こってしまう副作用で本来、私たちの体には男性ホルモンを分泌する機能が備わっている。

時間は少しかかりますが副作用などの心配をせず、徐々に男性ホルモンを増やしていく方法を、今回はご紹介致します。

男性ホルモンの分泌量とは

メチルテストテロン分泌量のグラフ

このグラフはテストテロンの分泌量のグラフです。
成長期の時期の10代~20代は急激にテストテロンが分泌され、性欲が旺盛になり骨格は形成され全身に毛がたくさん生え、声変わりもします。

しかし20代の後半を迎えた辺りからテストテロンの分泌量は減少していき、30代を過ぎた辺りから急激に減少していきます。
これが加齢による精力減退や疲労感の正体です。
つまりテストテロンの分泌量を増やすと言う事は精力増強や、疲労回復にも繋がります。

食材でテストステロンを増やす

maca-supplements

クラチャイダムと、マカのコンテンツでも説明しましたが、
クラチャイダムやマカに含まれているアルギニンと亜鉛は男性ホルモンの分泌を促す効果がある

クラチャイダムやマカを摂取することは直接テストテロンを摂取ではなく、テストテロンの分泌量を増やす為、基本的に副作用の心配がありません

運動でテストステロンを増やす

muscletraining

運動する事によりテストステロンの分泌量を促す事ができます。
ここで気にかけて頂きたいのが、ジョギングなどの持久的な運動よりも腕立て伏せやスクワット、腹筋などのウエイトトレーニングのような瞬発力を高める運動が効果的です。

trail

しかし、筋肉を使えば使うほどテストテロンの値が高くなると研究結果も出ている為、全身を使ったジョギング、スクワットなども効果を与えることが分かっています。

睡眠でテストステロンを増やす

sleep

睡眠不足や、ストレスを多く抱えている男性は極めてテストステロンの分泌量が低くなります。

睡眠をしっかりとる事でテストテロンは増えます。実際、睡眠時間が短い人のテストステロン値が低いという研究も(Clin Endocrinol(Oxf).2012)あるほど。

良い睡眠を取る為にも、いくつか準備をするべき!
寝ている間に働く副交感神経を活発にすることで身体がしっかり休むことができる為だ。そのためには、睡眠2~3時間前までに食事風呂を終わらせる。そして睡眠前にテレビやスマホを見てしまう副交感神経ではない交感神経が活発になってしまう為、身体が充分に休むことができないので見ないようにしたいところ。

syndromes

女性向けのメチルテストステロンについて

bust

メチルテストテロンは男性の治療に用いられるだけでなく、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の働きを抑制するためにも使います。
乳ガンなどのエストロゲン依存性の女性ガンに有効です。
しかし抑制するだけであり、ガンを治せるわけではないという事は頭に入れておきましょう。

女性が男性ホルモンを取り入れることが治療法にも扱われていますが、特に用量や用法を守らずに服用した場合には副作用が大きくなると言われます。

女性がメチルテストステロンを服用すると

voicechange

女性がメチルテストテロンのようなホルモン剤を投与すると、そもそも自分の身体で生成することができない量が身体に入ってくる訳なので副作用を出しやすい。特に一般的には吐き気、頭痛、腰痛、生理痛、肌荒れ、体重、体毛が増加などの副作用が出てくると言われている。

これらはただちにメチルテストステロンの摂取をやめればすぐに治まるが、その他にもいわゆるホルモンバランスの崩れから男性化が始まり、声変わりなどの副作用が発生すると言われている。一度声変わりしてしまうと元の声に戻りにくいなんて話もあるみたいですよ。

その効果の強さから服用される方も多いメチルテストテロンですが、女性が服用する場合には妊娠中などは利用できないなど様々なルールもあるので、事前に必ず医師の相談を受ける事をお勧めします。

まとめ

精力剤には男性ホルモンの分泌を促す成分が配合されていることが多いですが、男性ホルモンそのものを直接補給する場合はメチルテストステロンが処方されます。

非常に手っ取り早い方法ではありますが、メンタルの異常や激しい頭痛などの副作用の恐れもあります。
そのため、処方してもらう際には医師にしっかり相談して、自分でもよく考えた方が賢明です。

また、女性がホルモンバランスを整えるのにも男性ホルモンが必要なので、女性がメチルテストステロンを処方される場合もあります。もちろんその場合も細心の注意が必要です。

もし安全に男性ホルモンを増やしたいのなら、運動や筋トレ、質の良い睡眠を意識するのをお勧めします。その補助として精力剤を使えばさらに有効です。

PAGE TOP