シアリスの副作用

シアリスの副作用

Side-Effects

シアリスはバイアグラと比べると副作用が少ないと言う話がありますが
シアリスだから全く副作用がでないというわけではありません。

実際に日本国内で行われた臨床試験において27.2%が副作用と診断されました。

シアリスの主な副作用の症状

国内で行われたシアリスの臨床試験において257名中70名(27.2%)が副作用と診断されました。
headache 頭痛 29名(11.3%)
潮紅 13名(5.1%)
ほてり 9名(3.5%)
消化不良 6名(2.3%)

日本で行われた臨床試験とほとんど同じ結果で、海外では29.3%が副作用の診断がされています。3割弱の方が同様の症状の副作用が確認されました。

シアリスの重大な副作用

シアリスの副作用の中には重大なものもあります。
それは過敏症です。
過敏症というと蕁麻疹、顔面浮腫、剥脱性皮膚炎があげられます。

通常の摂取基準10mgであれば問題ないとは思うが、懸念が少しでもあるようであれば医師に事前に相談して購入した方が良い。もしシアリスを服用後にこのような症状が表れた場合は直ちに服用をやめて医師に相談する事。

シアリスの併用禁忌薬

supplement

シアリスにはバイアグラやレビトラと一緒で併用禁忌薬があります。
基本的にニトログリセリン系の硝酸剤との飲み合わせは絶対にしないこと。
その他に注意しないといけない事は医薬品と飲み合わせは絶対にしない事。

飲酒の際の服用に関してはほぼ問題ないと報告されていますが、ごくまれにめまいなどが発生することもある模様なので、心配な方は事前に医師に相談した方が良いと思われます。

PAGE TOP