クラチャイダムの臨床試験結果

クラチャイダムの臨床試験結果

experiment

最近の研究によりクラチャイダムの栄養価は明らかになり、近年ではクラチャイダムの研究の為にたくさんの臨床試験が行われています。
ここでは臨床試験結果の2つの例を紹介

クラチャイダムの臨床試験①

experiment

【臨床試験の目的】
クラチャイダムのメタボリック症候群に対する臨床試験

(臨床試験の内容)
被験者:メタボリック症候群と判定された患者
・男性 14名(33~77歳)
・女性 6名(22~66歳)
合計20名の被験者がクラチャイダムを毎日摂取し検証。

(摂取方法)
クラチャイダム摂取量:600mg/日
摂取期間:3ヶ月連続摂取

(臨床試験の結果)
・腹囲3.0%減少
・体重3.5%減少
・内臓脂肪面積11.7%減少
・皮下脂肪面積8.4%減少
・血清テストテロン値29.1%上昇
・体温0.05度上昇

(その他の症状改善)
20名中6名…モノが見やすくなったと訴えた。
20名中7名…便通改善。そのうち3名が便臭が軽度になったと訴えた
20名中4名…摂取するようになってお酒に強くなった。
20名中8名…体温が温かくなり、冷え性が改善された。

クラチャイダムの臨床試験②

臨床試験結果4

【臨床試験の目的】
クラチャイダムの末梢血流改善効果に対するの臨床試験

(臨床試験の内容)
被験者:健常な男女
・男性 8名(24~59歳)
・女性 6名(26~48歳)
合計14名の被験者にクラチャイダムを単回摂取、又は1週間自由摂取で検証。

(摂取方法)
クラチャイダムの摂取量:150mg/日
摂取期間:1週間

(臨床試験の結果)
・単回摂取の被験者の場合
摂取から1時間後:末梢血流状態を数値化したスコアが改善傾向。
・1週間連続摂取の被験者の場合
接種から1週間後:末梢血流改善が認められ、改善率は50%

血管の形状は一週間摂取した被験者において
変形していた末梢血管の形が整えられ
正常な形状に回復した様子が観察された。

クラチャイダムの臨床試験結果のまとめ

今回二つの臨床試験を紹介しましたが
二つの臨床試験の結果からクラチャイダムから得られる効果は

・ダイエット効果
・冷え性改善
・便秘の改善(便臭も改善)
・視力回復
・血流の改善

以上の効果が今回紹介したクラチャイダムの二つの臨床試験結果から明らかになっています。
精力増強として有名にですが
今後もさらなる研究が勧められれ、また更に新しい発見の可能性があります。
クラチャイダムは高齢化社会となる日本の救世主となる事は間違いありません。

配合素材ランキング[ クラチャイダム部門 ]

PAGE TOP